現在40代半ばですが物心ついてからでは、3度記憶があります。胃腸が弱いので全部下痢絡みです。

 

幼稚園のうんち漏らし

一度目は、幼稚園の時です。帰りの送迎バスに乗る直前に下痢をお漏らししました。そのバスには乗れずに幼稚園の職員の方にきれいにしてもらってその人の車で家まで送ってもらった記憶があります。この時がクソ漏らしの始まりでまさか、人生の転機とうんこが関わるとは知る由もなかったです

うんことともに訪れた人生の転機

2度目は、25才位の時です。当時私はサラリーマンをしておりました。毎日毎日、くたくたになるまではたらき、このまま一生を終えるのか疑問に思っていた時でした。金曜日、残業が終わってホッと一息ついたときです。唯一の楽しみである、甘酢軟骨のイカと缶ビール。ベットにすわり晩酌でビールの缶をあけ、下品にも誰もいないからおならをプッとしたつもりでした。

 

「ブチチッ」とはじける音とともにベットが黄金色にそまり、「ビールをこぼしたのかな?」と現実逃避しましたが、ズボンの濡れ具合と、自然とほほを涙がつたり、「あぁやってしまった」そんな気持ちが心を包みました。甘酢軟骨を口にほおばり、おしりをふき、小金いろにそまったベットをながめていると自然と笑い声がでてきました。
「まだまだガキみたいにうんこをもらして」そう思うと、人生が始まったばかりだなと感じ、明けて月曜日、会社を退職しました。

神は見ていた人間は常に謙虚でなくてはならない

三十代の時です。あれから事業を独立し、飛ぶ鳥を落とす勢いで収益をだしていたころ、私は調子にのっていたのでしょう。表参道でデートをしている時に急にお腹が痛くなってしまいました。当時付き合っていた彼女のてまえ、我慢出来ると思って少し油断していました。彼女と他愛もない会話がいつもは心地良いのですがこの日はひどく耳障りに聞こえました。

 

「ちょっと静かにしてくれるかな」「なんで?今一番いいところなのに」少し口調がけんか腰になってしまいました。声を荒げ、口論になり、周りも注目していたころ、「ブチチ」と音が聞こえました。言葉の力強さとともに出たのでしょう。「あれれっ」と彼女はかたまり、まわりからも好奇な視線にさらされました。量は少し多めでしたが幸運にもズボンの中にとどまってくれたので私は何も言わず駆け足でその場をさりました。きっと、傲慢になった自分への報いだ。そう思い、これからは謙虚に物事に取り組もう、そう思った出来事です。

 

今では、二児の子供をもつ父親です。子供達にはどんなことにもめげないよう育ってほしいと思います。もちろん妻は当時付き合っていた彼女とは別の方です。